うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法

正しい知識を得ておく

お金 うつ病になってしまったら、うつ病障害年金を利用した方がいいかもしれません。しかし、誰でも手軽に受けられるものではなく、条件があります。準備や申し込み方法などを調べてみましょう。また、正しい知識を身につけておくことも大切です。

詳しく見る

病気を治す方法

医者 うつ病障害年金を申請する場合には、適切な診断書を書いてくれる病院とその他の書類を用意してくれる専門家を選ぶことが必要になります。利用する目的は、生活の維持をするためです。具体的な金額も把握しておくことが大事になります。

詳しく見る

効果的な精神病の対応方法

悩む女性 会社で働いていて何らかの理由で心の病になった場合は、うつ病障害年金を利用する方法があります。医療機関で検査を受けて必要な書類を作れば申請手続きができますが、好条件で資金を得るためには十分に工夫しなければいけません。

詳しく見る

うつ病から達する

カウンセリングを受ける男性

障害年金の仕組みと悩みごとの解決手法

精神的なバランスが崩れる場合、うつ病に発展するようなことがあります。これは、若い人に限らず高齢者でも起こりうることです。特に若い人の場合には、第一線で活躍していることもありますので、うつ病になってしまうと会社に通い収入を得ることが難しくなります。よくあるパターンとしては、1週間に一度か2度は会社に来るけども、それ以外の日は会社に来られないといった状態です。このような状態なってしまうと、生活もままならないことが少なくありません。ただ、国の方としてはうつ病になった人のためにそれを救済する制度を設けています。それがうつ病障害年金です。うつ病障害年金をもらうことで、ぜいたくな暮らしはできませんが、必要最低限の暮らしをすることが可能になるでしょう。これをもらうための仕組みとしては、さまざまな書類を事前に準備することが大事になります。例えば、一番重要になるといわれているのが医者が記入してくれる診断書です。うつ病障害年金の場合、診断書を書いてもらいその人は本当にうつ病の状態になっているかを明確にしなければいけません。けがをしている場合などと異なり、外から見てもうつ病かどうか判断することは難しいため、医者の視点から記入をするわけです。それ以外にも、職歴に関する書類などを用意する必要がりますが、いずれにしても十分な内容でないと審査に通ることは難しいでしょう。一回審査に通れば、最初の1年間は年金をもらうことが可能になります。その後、1年おきに障害年金の審査をしていくことになるでしょう。

うつ病障害年金をもらう場合、どの程度悩みごとを解決することができるでしょうか。基本的に、うつ病障害年金をもらう場合全く会社に行くことができないことが必要かといえば、実はそのようなことはありません。総合的に勘案してその人が生活をするのにままならない状態であれば仮にたまに会社に行くような人でもうつ病障害年金の審査に通ることがあります。ちなみに、傷病手当金の場合には完全に会社に行けなくなったことが条件としては重要です。うつ病障害年金をもらうことにより、どの程度生活をすることができるか問題になりますが、1カ月当たりの支給金額は8万円から9万円程度になります。生活保護よりも少なく、一人暮らしの場合はぎりぎりのところといえるでしょう。そのため、障害年金に頼り切ってしまうとかなり厳しい状態になると言えます。一方で、自分に子供がいる場合には、子供が一人いるだけで毎月\24000ほど加算されます。配偶者がいる場合も同様です。ただ、配偶者が独立して働いている場合はこの限りではありません。あくまで、うつ病になってしまった人の扶養に入っている場合配偶者もおカネをもらうことができるというわけです。ただそうだとしても、やはり障害年金だけで暮らしていくことの厳しいため、早い段階で治療をして社会復帰が望ましいでしょう。社会復帰といっても、家にこもっているだけでは病気が治るわけではありませんので、積極的にクリニックなどに通って病気を良くすることが必要です。まじめに病院に通っていれば、半年から2年の間ぐらいで社会復帰をすることは可能になります。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法 All Rights Reserved.