うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法

病気を治す方法

医者

選び方と利用目的を知ろう

仕事などをしていると、ある日突然会社に行きたくなくなることもあります。このような場合、会社を休むかどうか迷うところですが、何日もそれが続くようだとただ行きたくないだけでなくうつ病の可能性も少なくありません。特に、うつ病の状態がひどくなってしまった場合には、そのまま継続的に休むだけでなくうつ病障害年金の申請をすることも重要になります。うつ病障害年金の申請をする場合には、書類が重要になりますが、その中で最も重要とも言えるのが医者からもらう診断書になります。診断書に関しては、どのような内容かによって、障害年金の申請が通るかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。そこで、どこの病院に障害年金を申請するか真剣に考えなければいけません。もし障害年金を申請することに慣れている病院がある場合には、その病院を選ぶことが重要になります。これらは、事前に口コミや評判などを調べて選ぶのが1番と言えるでしょう。これに対して、診断書を手に入れた後は、それ以外の書類作成のために社労士などに依頼する必要があります。社労士の仕事といってもかなりたくさんありますが、障害年金の申請を専門的に行っている人ならば、より詳しい内容のものを作ってくれる可能性があります。受理される可能性も高くなるため、まずは家の近くにある者同士で障害年金を得意としているところを見つけてみることが重要になります。ちなみに、障害年金は一度申請したらそれでおしまいではなく、1年単位でそのまま継続して年金を支払うかどうかの審査があります。そのため、長い付き合いになる可能性があるでしょう。

うつ病障害年金を申請するためには、様々な手続きを必要としますが、うつ病障害年金を申請する目的はほぼひとつと言って良いでしょう。それは、生活を維持するためです。基本的に、障害年金をもらうレベルの人は、単に会社に行きたくないといったレベルのものではありません。一般的に考えられているうつ病の状態よりもかなり重たい状態と考えて良いです。例えば、障害年金の中でも一級に認定される場合には、要介護状態になっていることが必要です。つまり、自分1人で生活をするのもままならない状態になっていることが必要なわけです。当然ながら、その状態になれば生活をするレベルにあるとは言えません。このような時に役に立つのは、国からお金をもらうことになるでしょう。では、二級についてはどうでしょうか。この場合には、要介護状態までは必要ありませんが、それに近い状態になっていることが必要です。例えば、何とか日常的に生活をすることができても、自分の力で病院に行くことができない場合や買い物に行くことも難しい場合などです。この状態から抜け出すためには、人の助けが必要になることも少なくありません。当然ながら、生活を維持することも難しくなります。三級の場合には、それ以外の級に比べると受理される可能性は高いですが、それでも働くのは難しいといえます。ただ、他の級に比べると、もらえる金額は少なくなります。しかも、会社員などのように厚生年金に加入していないともらうことができません。このような条件を踏まえた上で目的を明確にしてから障害年金を貰うと良いでしょう。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法 All Rights Reserved.