うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法

正しい知識を得ておく

お金

活用できるものは存分に活用する

うつ病を発症してしまうと、場合によっては学校や会社に行けなくなってしまうことがあります。学生ならまだしも、社会人ともなれば仕事ができなくなってしまうのは困ることでしょう。特に一家の主で家計を支えているような人がうつ病で仕事ができなくなってしまったら、家族も困ってしまいます。そこで、うつ病障害年金の申請をすることをおすすめします。うつ病患者のために公なものとなっているので、これを活用しない手はありません。ただし、うつ病なら誰でも申請できるわけではないため、まずは条件や申し込み方法を確認してみましょう。インターネットで情報を集めてみるのもいいかもしれません。その際、正しい知識を身につけるようにしましょう。うつ病といっても、人によって重度は異なるものです。障害の重度をまずは調べることになります。当然、重度が重ければ重いほど、うつ病障害年金の申請ができることになります。審査基準についても確認してみましょう。実はうつ病の審査基準はまだそれほど定まっておらず、同じ重度であっても審査に格差が出ることもあるのです。医師からの診断書内容によっても審査が通るかどうかは異なります。まず、信頼できる医師と相談することも大切です。また、アルバイトやパートなど、正社員ではなくても多少は働けるくらいのうつ病軽度という場合には受給できないことがあります。というわけで、申請が通るかどうかは微妙なところです。この手のことに詳しい専門家に相談してみるというのも一つの手段と言えるでしょう。よく情報を集めることも大事です。

うつ病障害年金の申し込みをしたいという人は申込みの仕方や申請がおりる条件などを調べてみましょう。重度によってはスムーズに申請がおりないこともあるのです。また、正しい知識を持っていないと、そう簡単にはうつ病障害年金を申請することはできません。インターネットを使って情報を収集してみましょう。申し込みをするには専門家の手助けが必要になります。社会保険労務士などの専門職の人に相談してみましょう。インターネットで検索をすれば、申請を手助けしてくれるサイトがいくつか見つかるはずです。もちろん、うつ病を発症している当人はなかなかそこまでの手続きはできないことでしょう。この場合、家族などの身近な人が相談をすることになります。まずは相談に訪れてみることが大事です。うつ病障害年金の申請相談を請け負っているところはたくさんあります。電話で問い合わせや予約を入れられるので、まずは問い合わせをしてみましょう。場合によっては無料相談会を開いているところもあります。このようなところを活用した方がいいかもしれません。それから用意しておくものもいくつかあります。大切なのは初診日を特定することです。受診状況などの証明書が必要になります。よって、主治医にも相談することになります。実は初診日が証明できないと障害年金を受給することはできないのです。この点は気をつけましょう。そしてさらに大事なのは主治医からの診断書です。これも主治医とよく相談をして出してもらうことをおすすめします。このように準備が整ったら申請となります。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合の仕組みと悩みごとの解決方法 All Rights Reserved.